七草粥を食べる理由を紹介

知っている方も多いと思いますが・・・。
1月7日には七草粥を食べますよね。日本では、1月7日には当たり前のように七草粥を食べる家庭が多いと思います。

では、なぜ七草粥には無病息災の意味があるのでしょうか。七草粥に使われている春の七草は、早春の頃、一番に芽吹くのです。

そのため、七草粥は邪気を払うと言われていたのです。邪気を払う=無病息災、ということですね。

その昔では七草を包丁で切る回数も決められていたとされていたほどです。

では七草粥はただのおまじないなのか?という疑問が浮かび上がりますが、ただのおまじないというわけではないのです。

七草粥に使われている春の七草は、体にとても有効な成分を含んでいます。例えばハーブティーは体にとても良いとされていますよね。

春の七草もそれと同じで、体に良い効果をもたらしてくれるのです。胃腸にとても優しいので、お正月で疲れ切ってしまった胃にも効果的です。

七草粥はさっぱりしていて食べやすいですし、今まで食べていなかったのであれば、これを機に食べ始めてみてはいかがでしょうか?

あともう少しでこの季節になりますね。一見ただのお粥ですが、実はとても美味しい食べ物なのです。食べるとハマってしまうかもしれませんね。

ラスボスハンターのアプリをプレイしようカラオケは無理に行かなくてもOK乗り物酔いする方は深夜バスでも対策グリーの海賊王国コロンブスを紹介

関連サイト
おせち料理は意味が含まれている
七草粥はレトルトもある

[HP編集]
aph