おせち料理は意味が含まれている

情報を書いています
お正月に食べるおせち料理。おせち料理にはいろいろな意味が含まれているのです。今ではあまり知られていませんが、昔を生きていた人の思いが込められています。

おせち料理にはたくさんの料理が盛りつけられますが、数多くある料理の中でも特に大切だと言われている料理が3つあります。

まずは「田作り」。

簡単に説明すれば、小魚を甘辛い味付けにしてフライパンで焼いたものです。とても質素な料理ですが、おせち料理には欠かせない一品です。

「今年もお米や野菜がたくさんとれますように」という意味があります。

そして「黒豆」

黒豆を作るのはとても面倒なので、嫌われがちかもしれませんね。鍋で8時間以上漬けておいたり、一晩置いて味をしみ込ませたり。

とても時間のかかる料理です。そんな黒豆には「日に焼けるほど働き、しわが出来るまで長生き出来ますように」という、昔を生きていた人独特の願いがあるんです。

最後に「数の子」です

数の子には「子供や孫が増えて、大家族になりますように」という意味があります。

おそらく、数の子にはたまごがたくさんついているため、子だくさんの様子を連想させたのではないでしょうか。

スマートフォンのパズルゲームをGREEで遊ぶドラグーンアリーナのゲームはグリーカラオケで暗い曲を歌う時はタイミング良く秋の夢が意味すること

関連サイト
七草粥はレトルトもある
七草粥を食べる理由

[HP編集]
aph