七草粥はレトルトもある

便利な時代になっています
七草粥を作るのには結構な手間がかかります。

1月7日となるとお仕事も始まっているでしょうから、働いていて一人暮らしだったりすると、七草粥を食べるのも難しいでしょう。

一般家庭でも共働きをしている家庭が増えてきていますから、七草粥を食べるという習慣は少しずつ失われていってしまうのかもしれません。

ですが、やはり古くからの習慣には従っておきたいもの。七草粥を手軽に食べるのであれば「フリーズドライ」をおすすめします。

いわゆる、七草粥のレトルトですね。レトルトのおかゆとフリーズドライの七草がセットになっているタイプが一般的です。

すぐに作って食べられるので、短時間で七草粥が完成します。これなら朝の忙しい時間でもパっと作って食べることが出来ますね。

ただ、やはりレトルトとなると趣が失われてしまいますね。味の質も落ちてしまうでしょうから、“本物”の七草粥を楽しむことは出来ないかもしれません。

それでも七草粥を食べることに意味があるので、やはり1月7日には古くからの習慣に従って七草粥を食べておきたいですね。

最近ではレトルト食品の質も上がっていますから、七草粥も昔のレトルトから比べれば美味しくなっていることでしょう。

スマートフォンの無料ゲームはグリーカラオケは声の悩みとか気にしないで楽しむミニゲームが無料で遊べるグリーカラオケの採点はDAMがお勧め

関連サイト
おせち料理は意味が含まれている
七草粥を食べる理由

[HP編集]
aph